矢野工業株式会社トップページへ
+index +ぎょう鉄 とは   
矢野工業株式会社

曲げ=ぎょう鉄

『ぎょう鉄 「 撓鉄 」 と書く』読んで字のごとく鉄を撓(たわ)めることであります。 軸先、艫(とも)、喫水線から船底にいたる部分など、船は曲線をもつ形状に造られます。鋼船はブロック建造したものを組み合わせて出来上がっていきます。その硬い20mmから、厚くなると90mmという鉄板を撓めて曲線を造るのがぎょう鉄つまり曲げということです。船体の大きさ、形状にもよりますが、1隻の船のBODYだけで約250〜400枚のパネル(鉄板)を曲げていきます。ぎょう鉄の精度(曲げられたあの美しいカーブ)は船のスピード(速度)、燃費にも影響するんです。美しい曲線を描く船体には、このような理由が秘められています。