矢野工業株式会社トップページへ
+index +ぎょう鉄 辞典 +基本手順   

基本手順

1.工程表を確認する。鋼板・型の確認

2.プレス場に鋼板を搬入する。玉掛・ホイスト・ワイヤ、周囲の確認

3.プレス場にて、型に合わせた歯を選択し、鋼板を荒曲げする。

4.荒曲げされた鋼板を、曲げ場に搬入する。玉掛・ホイスト・ワイヤ、周囲の確認

5.鋼板に型を当てて、タテ・ネジレ・アールの確認

平板
タテが高い場合
トンボ(裏返し)して裏を加熱
アール、板厚、板幅も確認する。

タテが低い場合
アール、板厚、板幅を確認する。
少ない様であれば、盤木をいれる
多い時はネジレを確認する

ステム 型を確認する
タテが高い場合・・・お椀形なら絞る、鞍形なら腹を焼く
タテが低い場合・・・お椀形なら絞る、鞍形なら腹を焼く

6.ガス・酸素ホース、水ホース、トーチを用意する

7.型に合わせて焼曲げする。

8.鋼板が型通りに曲がれば、再マーキンする

9.曲鋼板を搬出する。玉掛・ホイスト・ワイヤ、周囲の確認

10.作業場をかたずける。整理、整頓、清掃、清潔

関連項目